住宅ローンを断られた話

住宅ローンを申請したけど断れてしまった2つの話を紹介したいと思います。

ひとつ目
私とその友人はずっと家を買いたいねという話をしていました。
私達夫婦もその時点で色々な家をチェックしていましたし、住宅ローンの話や中古物件を買ってからのリフォームなどの事も考えたりしていましたが、希望は新築一戸建てでした。

そして、友人夫婦はマンションを希望していました。こちらももちろん新築の物をです。
ところが、彼らには問題があったのです。それが住宅ローンです。
どうやら、友人の夫は、昔借金をしていたようで、それを返済しきったのがついこの間とのことで、その履歴が邪魔してしまい、住宅ローンを申請したものの、どこからも却下され続けていたのです。
とはいってもきちんと働いているので、収入も問題はないのですが、過去の履歴がこういった問題を引き起こしていました。

当初住宅ローンはこれから5年は申請が却下されると言われていましたが、2年ほど断られただけで3年目には念願の新築マンションを駅地下の場所に購入することができました。

ふたつ目
住宅ローンを始めて申請した時には却下されました。
既にその時にローンを1回くんだ過去があるにもかかわらずです。
とはいっても、それは車のローンを組んだだけだったので値段からすると、住宅ローンを申請するには値しないと思われたのかもしれません。

どうしても欲しかった家がその住宅ローンの申請の却下により購入することができませんでした。
その後ずっと家探しをしていたのですが、その家以上に欲しい家が見つからずほとほと疲れていました。
そんな時、なんと欲しかった家が家のオーナーの都合で購入後3ヶ月で売りに出されたのです。

再び住宅ローンの申請をすると、今度は通りました。
車のローンだけだったので、1度目の申請から1年くらい経っており問題がないと判断されたのかもしれません。
新築ではあるものの3ヶ月間前の人が使っていたので、本当の新築とは言えないかもしれませんが、晴れて自分たちが希望していた家を手に入れることができ、住宅ローンの利率が低い時に組めたのでちょっとラッキーでした。

<広告>
JALカード女性の人生相互リンクダイレクト生命保険の口コミ.COMseoリンクSEO全身脱毛どこがいい住宅リフォーム総合情報ページランク別相互リンク集貯蓄主婦の在宅ワークサイドビジネス電子マネー内職 アルバイト


ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank