フラット35の落とし穴

ローンの力

5年前に新築で戸建て住宅を購入しました。

その時のローンを三井住友銀行で借りましたが、

フラット35で借り入れたため、変動金利よりも月々の支払いが

2万円も高く、子供も大きくなりつつあったため徐々に家計を圧迫しました。

ここで普通の住宅ローンであれば借り換えでもして支払を下げることができたのでしょう。

その時、金利変更をお願いできないか確認しに

銀行まで出向いてお伺いしたのですがフラット35だけは不可能なことを

その時に知りました。

そのほかの金利プランなら、収入激減などによる環境激変なら

多少の融通は利くそうなのですが、フラット35だけは契約時に

さかのぼることができないため不可能とのこと。

結局、他の銀行での借り換えしか道はなく何社か銀行を回ることになりました。

いわゆるメガバンクなどの都市銀行や信用金庫、地銀は金利は

安いのですが、補償料がかかります。

SBIモーゲージ等のネット専業銀行は今はメジャーですが当時は

まだまだ出始めでなんとなく不安でした。

私たちの場合は保証料なしで金利もそこそこなイオン銀行で

無事に借り換えることができ、月2万円ほど安くなりました。

30年のローンが残っていましたので600万円ほどの圧縮になりました。

Categories: 未分類