材質を落とせば低価格でフローリングをリフォームできる

ローンの力

フローリングの材質を落とせば、低価格でフローリングのリフォームができるのです。先日、我が家の1階部分のフローリングをすべて横浜の企業に任せてリフォームしました、その金額はざらっと40万円です。

わが家はリビングスペースからダイニングスペースとキッチンすべてが一帯となっている一室空間に、玄関ホールと廊下とトイレで構成された1階部分です。ですから面積にしたら、だいたい30帖ぐらいはあるでしょうか。

その床全部の張替えを工賃も含めて、40万円の出費で抑えられたのでまあまあ良かったのではないでしょうか。フローリングにしても、新築当初は小さい子どもがいましたので、それなりの材質のものを選びましたが、今では床を傷つける小さい子どももいませんので、フローリングは最低限のものでいいと考えたのです。

それで以前のフローリングと色味が似ているけれど、材質がもっとペラッとした感じのものを選びまして、安く抑えることができたのです。確かにパッと見ただけでも、以前のフローリングよりは安っぽく見えますが、しかしリフォームですからこれでいいと思っています。あと何年住むのかわかりませんし。

Categories: 未分類