リフォームでも住宅ローンが借りられる?

ローンの力

リフォームをする場合に考えられる状況としては、現在住んでいる家をリフォームする場合と新たに中古物件を購入してリフォームする場合との二種類が一般的です。リフォームする際に必要となる費用は内容や箇所によって様々ですが、高額になる場合は多くの人はローンを利用することになると思います。

もしくは住宅ローンの借り換えで低金利やマイナス金利を利用した費用の工面ですかね。こちらは住宅ローンの借り換えで削減できた分をリフォーム費用として上乗せすることができて、普通にローンを組むよりもだいぶ安くすみます。

それ以外でリフォームでローンを利用するのであれば、二種類のローンをご紹介しましょう。

リフォームの際に利用できるローンとしてすぐ浮かぶのはリフォームローンですよね。こちらは無担保ですので、審査なども少なくすぐ借りられるメリットがあります。ただし、金利が高く、借入額も500万円ほどまでと少ないことに注意しましょう。リフォームの種類としては、風呂場やキッチン、外壁など一部分をリフォームする際などに適しています。

もう一つ利用できるのが住宅ローンです。中古物件購入時などには高額のリフォーム費用が発生する場合が多いですが、中古物件購入時にリフォーム費用も住宅ローンに組み込んで申請することで一緒に住宅ローンとして借りることができます。住宅ローンは有担保のため借入額も大きいことが最大のメリットです。ただし、審査も多く時間がかかるため急を要する場合には注意してください。また、物件購入時とリフォーム時で別々に住宅ローンを利用することは大変な作業になりますし、場合によってはリフォーム費用が借りられないことも起り得るので気を付けてください。リフォーム前提の場合は購入時にリフォーム費用も予め算出して、住宅ローンに組み込んで申請するのがおすすめです。

Categories: 未分類