壁紙を張るDIYリフォームの手順

ローンの力

壁紙を張り替えるリフォームは部屋の印象を変えるのに効果的です。

まずはカーテンレールやスイッチプレートなど作業の邪魔になるものを外します。古い壁紙は壁の隅と壁紙や天井の枠などの境目にカッターの刃を入れて、下地を傷つけないように丁寧に剥がします。

壁紙を切る際には隙間があとで出ないように実寸よりも5~6㎝ほど大きめに切るようにしましょう。実際に張る段になったら、フィルムを40㎝ほどと、両端のジョイントテープを剥がします。そして壁の上に2~3㎝余分を出して隅の直線を活かしてまっすぐに張ります。この際に刷毛で空気を抜き、しわは剥がして、隅の部分はへらなどで筋をつけて馴染ませます。余分な壁紙は地ベラを壁紙に押し当てて切り取ります。2面をまたいだ壁紙の隅の部分はたるみの原因になりますので、カッターで分断しておきましょう。

窓のような障害物がある場合には枠に沿ってカッターで分断した後で竹べらなどで筋をつけてから張るときれいに仕上がります。

Categories: 未分類