住み続けながらのリフォーム

ローンの力

私が子どもの頃、住んでいた家を大改装、リフォームをすることになりました。
お商売をしていたのでそこから離れることなくリフォームを計画しました。

当時はそれほどリフォームということも程遠いものでした。今はリフォームなんて横浜じゃトイレにお風呂にと最新のものに変えるようになってますが、昔は私の家がリフォームするとなった時、近所のみなさんが見学に来ていたぐらい珍しいものだったんですよ。

今考えるとなかなか大胆な行動だったと思います。私は確か高校受験で勉強していた記憶があるのですが、2階建ての2階部分を工場の上まで引っ張り出し、居住空間を広げました。それまでは1階で生活を大半していたのですが、1階をすべて事務所にしてしまい、2階で生活できるようにしました。お風呂を壊したときは何日も家族揃ってお風呂屋さんに行った思い出もあります。

なんだかそれはとてもいい思い出になっています。そして、2階部分が少しずつ出来上がってくると、受験生の私をとりあえず形になった和室に入らせてくれました。

和室にはまだ畳が入っていませんでしたが、そこに敷物を敷き、こたつを置き、勉強したものです。その時はすごく寒い環境でしたが、今思い出すとすごくいい思い出です。

リフォームをその家に住みながら行うのはほんとに大変な作業ですが、工務店さんもなかなかやりにくかったんじゃないかなと今になればすごく思います。

Categories: 未分類